ご挨拶〜交通事故・介護事故解決にむけて〜

不幸にも交通事故に遭われた皆さまには、心からお見舞い申し上げます。
普通の日常生活をしていただけで、交通事故に遭ってしまったばかりに、突然精神的な不安に襲われたり、大けがをして普通の生活ができなくなった。
それだけでなく、事故後に相手方や相手方保険会社の担当者・弁護士などの関係者による理不尽な対応により、悔しさ、無念さ、腹立たしいことを感じることも多いと思います。
加害者から何らの謝罪もなくやり場のない思いをしている方を沢山みてきました。
自分にばかり落ち度があるわけでもないのに、一方的に責め立てられる方も沢山みてきました。
京都の弁護士|馬場充俊は、年間50〜100件の交通事故を取り扱ってきた経験と実績があります。
交通事故に遭われた方のために最善の追及をするべく、このHPを特設しました。

 

交通事故被害者の方には、まずは身体的な傷害から回復するために、適切な治療を受けるようにお願いしたいと思います。適切な医師、医療機関でしっかりとした治療を受けなければならないことはもちろんのこと、通院慰謝料の十分な支払いを受けるため、後遺障害等級獲得のためなどに、絶対に守っていただきたいこともあります。
そのためには、交通事故を多く取り扱っている経験のある弁護士に早期に依頼してください。
賠償責任に関する事柄を弁護士に早期に依頼することによって、心理的ストレスも軽減、時間の無駄も軽減、治療に専念することができます。
かかった弁護士費用に見合った賠償が受けられるかどうか見積もりを行いますのでご安心ください。

 

また、交通事故で適切な解決をするためには、小手先のマニュアルや付け焼刃の知識だけでは不十分であることは明白です。
弁護士としての専門性のある主張立証の技術、また時には医学的知識も必要となります。
専門知識の追求を行っている弁護士は、情報を発信することができます。

 

また、私は、依頼者が納得できる解決のために手間を惜しみません。必ず現場を確かめ、解決方法の見通しをよく見極めるために医師との積極的な面談をすることもあります。京都をはじめとする適切な医療機関での通院を薦めることも行います。それは、例え、形式的には後遺障害等級に該当しない場合でも、です。粘り強く対応することで、適切な賠償金額の獲得に努めます。

 

【初回相談予約受付電話】お急ぎの方はお電話ください。簡単なご相談も受け付けております(10分程度)。予約専用番号は、050-5257-7942です。

 

こんなことを弁護士に相談してもいいのだろうか…とお悩みの方もまずはお気軽にご相談ください。24時間受付お問い合わせフォームです。メールで返信いたします。

 

 

 

更新履歴
トップへ戻る