京都の交通事故・介護事故に強い弁護士/法律事務所-過失割合・慰謝料・損害額増額・後遺障害等級・示談・裁判 | 馬場充俊

健康保険における被扶養者の範囲

被扶養者の範囲

@同居を要しない人
・ア被保険者の直系尊属
・イ配偶者(内縁関係を含む)
・ウ子
・エ孫
・オ弟妹

で、主として被保険者に生計を維持されている人

A同居が必要な人
・ア被保険者の3親等以内の親族(上記@を除く)
・イ被保険者の内縁関係にある配偶者の父母・子
・ウイの配偶者が亡くなった後における父母・子

 

例外

ただし、75歳以上の人、及び65歳以上75歳未満で一定の障害の状態にあると認定を受けた人は、健康保険の被扶養者ではなく、後期高齢者医療制度の被保険者となる。

 

被扶養者に収入がある場合

@被保険者と同居の場合

130万円未満(※60歳以上・おおむね障害厚生年金を受けられる程度の障がい者の場合は180万未満)+被保険者の年間収入の2分の1未満

A被保険者と別居の場合

130万円未満(※60歳以上・おおむね障害厚生年金を受けられる程度の障がい者の場合は180万未満)+被保険者からの援助による収入額より少ない

関連ページ

交通事故で夫が亡くなった
交通事故・介護事故などの慰謝料請求・後遺障害等級獲得・過失割合・保険会社との示談交渉などの分野に注力している京都の弁護士|馬場充俊の特設ページです。日々寄せられているご相談内容や裁判事例などをもとに情報提供を行っております。
障害年金又は遺族年金と賠償金との調整
交通事故・介護事故などの慰謝料請求・後遺障害等級獲得・過失割合・保険会社との示談交渉などの分野に注力している京都の弁護士|馬場充俊の特設ページです。日々寄せられているご相談内容や裁判事例などをもとに情報提供を行っております。

 
HOME 弁護士紹介 弁護士費用 お問い合わせ ブログ