京都の交通事故・介護事故に強い弁護士/法律事務所-過失割合・慰謝料・損害額増額・後遺障害等級・示談・裁判 | 馬場充俊

死亡による逸失利益

(収入額−本人生活費)×就労可能年数に対応する新ホフマン係数またはライプニッツ係数=逸失利益

 

収入額については、
@白色申告者の場合は、(過去1年間の事業所得金額+事業専従者控除額)−(所得税+住民税+事業税)=a ×本人寄与率=収入額
A青色申告者の場合は、(過去1年間の事業所得税金額+青色申告特別控除額)−(所得税+住民税+事業税)=収入額

 

本人生活費をなぜ控除するかと言いますと、被害者は死亡時から将来に向かっての所得を失うわけですが、被害者が死亡した場合、その稼働能力の再生産費となる生活費の支出もなくなるからです。その計算方法は、収入額に対する割合(30〜50%、被扶養者の有無・人数等による)によって認定するのが最近の判例実務です。

関連ページ

給与所得者の逸失利益を算定するためには通常どのような資料が必要か?
交通事故・介護事故などの慰謝料請求・後遺障害等級獲得・過失割合・保険会社との示談交渉などの分野に注力している京都の弁護士|馬場充俊の特設ページです。日々寄せられているご相談内容や裁判事例などをもとに情報提供を行っております。

 
HOME 弁護士紹介 弁護士費用 お問い合わせ ブログ